miiji's Toy Box

いろいろ集める用

“疲弊した脳が突然いわれのない万能感に襲われ、神がかり的なひらめきで組んだSQL文が本番DBの在庫データをバリバリ破壊していく様子は圧巻でしたね”

Twitter / nomolk (via nagas, 774) (via tsupo, 774) (via gkojay) (via vmconverter) (via ishida) (via mtsuyugu) (via nwashy) (via exposition) (via tmkj1) (via sivamuramai) (via lovecake) (via yaruo) (via mshibata) (via kubotomo) (via zenigata) (via igi) (via nayutanized) (via funa1g) (via numbnumbclub)

たとえば、あなたが1億円のダイヤを持っていたとして、あなたは10分以内にそれを必ず売らなければならないとしよう。それが本物かを鑑定できるのがあなたの周りに僕しかいないとしよう。僕は一億円の価値があると知っているとして、僕はいくら提示するか?それは、必ず1円である。なぜなら、あなたには他の選択肢がないと僕は知っているからだ。よって、他の選択肢である0円に1円を足せば、取引が成立する。僕が慈善事業ではなく取引をしようとしているのなら、親切に1億円を提示する理由はまったくない。

し かし、僕の横に、もう一人鑑定できる人がいたとしたらどうなるか?そうすると、あなたには「もう一人」に売るという選択肢が生まれる。交渉力は完全にあな たに移行する。あなたは、限りなく一億円に近い価格でそのダイヤを売れるだろう。なぜなら、僕は9999万9999円で買っても利益がでるからである。

あなたが搾取されるとしたら、それがあなたの実力だからではない。あなたに選択肢がない時には、あなたの価値は限界すれすれまで低く扱われるのだ。

搾取されないためには選択肢を増やすしかない - 愛の日記 @ ボストン (via hakkuru)

2010-12-25

(via quote-over100notes-jp)